海外展開って何をやっているの?ディセンター台湾事業紹介はこちら

海外展開への挑戦(台湾事業)

ディセンターの海外事業は4つです。

  1. コンサルティング・マッチング事業
  2. 出版・セミナー事業
  3. 貿易事業
  4. 人材紹介事業

現在、日本から近く、親日国である台湾から海外展開を実施しています。

残念ながら、現段階での日中関係は思わしくありません。また、多くの企業が中国進出に失敗しているという現状があります。中国本土に比べ台湾は親日的であること、日本と商習慣が似ていることから、私たちは、いったん台湾で事業展開し、そこから中国、東南アジアに進出する事業モデルを考えています。

 

1.コンサルティング・マッチング事業

一つ目は日本で私たちが行っているコンサルティングを海外展開する事業です。私たちは、今、日本で起こっている中小企業が減っていく傾向がこれから世界中で起こってしまうと思っています。そんな中、日本の中小企業支援ノウハウは絶対に世界で通用するはずです。また、現在の日本では、サービス業の海外展開はものづくり企業に比べ少ないと言えます。私たちは、日本品質の中小企業経営コンサルティングをまずは台湾から世界に展開します。

また、台湾では日本中小企業に興味を持つ海外企業は少なくありません。そのような台湾企業に日本の事例を伝え、コンサルティングをしたり、私たちの日本のお客様とマッチングをしたりすることは有効だと考えています。

 

2.出版・セミナー事業

日本でも好評を得ている私たちのセミナーを台湾でも展開したり、テキストを台湾で出版したりしています。台湾でのセミナーでは、ディセンターの社員が同時通訳をしています。社外の通訳だとニューアンスが伝わりづらく、普段から日本のセミナーを聞き、コンサルティングに動向している社員にしか翻訳できないと考えています。

日本に比べ台湾では数多く講演することができません。そこで、セミナーに参加できない方でも、私たちのノウハウを学ぶことができるように、セミナー内容を中心に書籍化し書店等で販売しています。これは、私たちの知名度アップ、ブランディングにも大きく貢献しています。

 

3.貿易事業

日本の優れた製品を海外(台湾)に輸出しています。物流だけでなく、商流を作ることを心がけています。まずは、山形県産のフルーツ(干し柿、ラフランス等)からスタートし、随時拡大していく予定です。

適切なネットワークを構築し、販路を決めてから輸出をすることで、現在の中小企業における課題(売れない、資金が回収できない等)を提言します。また、海路を中心に構成することでコスト削減を狙います。

 

4.人材紹介事業

台湾の大学と提携し、大学から推薦を受け、特殊技術(通訳、CAD等)を持つ若者を、日本の中小企業に有料人材紹介モデルを使い紹介いたします。綿密な面談や日本での仕事のやり方を説明し、適切なカタチで日本での就業へ繋げます。従来の労働者の供給ではなく、中核を担う人材の紹介をいたします。技術者ですので、基本的には、期間限定ではありません。現在、3社へテスト的に供給していますが、モデルができ次第、徐々に人数を増やしていく予定です。

 

 4事業ともにまだビジネスモデルを作っている段階ではありますが、当社のイノベーションとしての期待は大きく、今後、徐々に展開していく予定です。

(本事業は、平成26年に中小企業新事業活動促進法の認定を受けております。)

 

問い合わせは048-783-2626又は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。