どんなことができるの?中小企業の社長さま、創業希望者さまはこちら

 

1540_32 経営革新計画の承認を得ませんか?経営戦略(事業計画書)作成をしませんか?
1540_32 補助金の獲得をしませんか?
1540_32 課題を解決していく「しくみ」をつくりませんか?業務をもっと効率的に
   進めてい
けるようにしませんか?
1540_32 もっと売上を上げませんか?新たな販路をつくったり、販路を拡大したりしませんか?
1540_32 ITを駆使して販売を強化しませんか?
1540_32 セミナーに参加しませんか?
1540_32 外国人の中核人材を活用しませんか?
1540_32 あなたのホームページに中国語サイトをつくりませんか?
   中国語の販売促進物をつ
くりませんか?

 

経営革新計画の承認を得ませんか?経営戦略(事業計画書)を作成しませんか?

現代経営には事業計画書が必須です。一定水準以上に作成された事業計画書は国の承認を受けることにより、低利融資などの様々な特典が受けられます。しかし、最大のメリットは経営が見える化することで業績が向上することです。

ディセンターは、約2,000件の実績と信頼できるクオリティが自慢です。事業計画書を作成し、経営革新の承認を得ませんか?

→詳しくはこちら

 

補助金の獲得をしませんか?

国の支援策である補助金。補助金獲得のために事業計画を変えてしまっては元も子もないですが、行くべき道に補助金を活用できるのであれば、それは成功までの近道となります。しかし、補助金は正しい目的と手法を取らなければ獲得できませんし、効果も十分に発揮しません。

ディセンターの補助金コンサルティングは、500件の大小補助金獲得の実績と高い獲得率、効果的な活用支援が特徴です。政府から支援される会社へと経営を変えませんか?

→詳しくはこちら

 

課題を解決していく「しくみ」をつくりませんか?業務をもっと効率的に進めていけるようにしませんか?

資金繰り、リスク対応、業務推進、効率化など企業に課題はつきものです。解決しても次々に課題が湧き出してきます。しかし、課題は単純に問題点なのではなく、「ここを直せば経営が向上するというポイント」ですので、課題があること自体が問題なのではありません。課題を解決する「しくみ」を企業の中に持つことが肝心です。

ディセンターは、特許「課題解決シート」を中心に課題解決のオリジナルノウハウがあります。我々と共に、課題が解決されていく会社にしていきませんか?

 

もっと売上を上げませんか?新たな販路をつくったり、販路を拡大したりしませんか?

全ての会社が抱える悩みが売上向上だと言っても過言ではありません。しかし、やみくもに取り組んでも、思ったように効果が出ないことも多くあります。売上を上げるためには、「適切なターゲット」に「適切なチャネルと販売方法」で「適切な商品」を「適切な価格」で提供し、その情報を「適切に伝え」なければなりません。

ディセンターはマーケティング技術を使い、「ターゲット」「商品・サービス」「価格」「チャネル・販売方法」「販売促進」の5つを適切に組み合わせます。また、お客様と共にその実践、修正をします。私たちと共に販売を考え直していきませんか?

 

ITを駆使して販売を強化しませんか?

現代経営、そしてこれからの経営にIT活用は欠かせません。特に売上向上やブランディングを目的とした場合、中小企業に相性抜群です。ITを活用することで、今までアプローチできなかったお客様予備軍にもアクセスできます。ホームページは優秀な営業マンです。しかし、いくらデザインが良いホームページをやみくもに作ったとしても、効果が出るのか疑問です。

ディセンターは、事業計画書作成ノウハウやマーケティングの知識を使い、情報にたどり着きやすく、SEO対策されたホームページを作成します。また、アップ後の分析を行い、改善をしていくことで、より良いホームページにしていきます。また、近年ますます重要になっている中国語ページを作ることも可能です。ディセンターでホームページを作り直しませんか?

 

セミナーに参加しませんか?

勉強をしても経営がうまくならない?そんなことありません。特に現代経営学は実学と呼ばれ、学ぶことが即、実績に反映されます。

ディセンターのセミナーは「経営に必要な知識を使えるカタチで身に着ける」ことをモットーとしています。事業計画書作成の基礎知識から、経営学の基礎原論、発想法、マーケティング、補助金獲得、珍しいところでは昭和の経営者の金言などテーマは多岐に渡り、全国で年間200回以上実施されています。おかげさまでセミナーに参加された多くの方に支持していただき、国の行った全国セミナー満足度調査では、毎年上位にランキングされています。

私たちは一方的な知識の押し付けではなく、みなさまと共に学ぶというスタンスを常に心がけています。テキストについても、セミナー後も見直し、再学習ができる品質のものを毎回作成しています。私たちのセミナーは、派手さこそないかもしれませんが、いたずらに流行に流されることなく、経営に携わる方のために、本当に役に立つ「経営の本質」を、自信を持って提供いたします。

 

外国人の中核人材を活用しませんか?

これから少子高齢化に向かってゆく日本社会において、企業の人材確保は大きな課題となることは明らかです。特に中小企業は、適切な人材を確保することはますます困難になるでしょう。

ディセンターは台湾の大学と連携し、外国人中核人材の紹介・派遣を行っています。更に入管、育成や生活サポートなどのアフターケアも充実しています。外国人をコストの安い労働者としてではなく、技能を持った優秀な中核人材として日本人と同じ待遇で採用しませんか?

 

あなたのホームページに中国語サイトを作りませんか?中国語翻訳をお手伝いします。

現代ビジネスは、特にITの影響から世界的に広がっています。一方、日本企業は英語はともかく、中国語の翻訳サイトを持つ企業は多くありません。現在、日本と中国との関係は小休止と言った状況ですが、中国市場は日本経済にとって無視できるわけではありません。これは大企業だけでなく、中小企業にも身近に迫った課題と言えます。

当社では、2015年より、本格的に台湾市場へ進出し、大学で翻訳を学んだ台湾人スタッフがおります。また、単なる翻訳にとどまらず、コンサルティングを加味することにより、「中国サイトへどのような情報を伝えることが必要か?」を考えながら翻訳をいたします。

→詳しくはこちら

 

問い合わせは048-783-2626又は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。